私はよく旅行などでタイのバンコクを訪れますが、タイ古式マッサージは何度も体験しました。

タイ古式マッサージのセラピスト

マッサージ店やマッサージ師によって、加減や上手下手もかなり異なりますが、基本的には、リンパを刺激するマッサージで、あまり痛みは感じず、心地よくマッサージを受けることができます。もしも加減を弱くしてほしい場合は、痛いと訴えれば、弱めにマッサージをしてくれます。お店にも寄るかと思いますが、大体の流れを簡単に説明すると、タイ古式マッサージ全身を体験する場合は、まず、スタッフから渡されたマッサージ用の服に着替えます。全身マットのような場所に寝転がり、マッサージ師を待ちます。足の裏から始まり、ふくらはぎ、太もも、腕や上半身、肩や頭蓋骨までマッサージしてくれます。大抵は1時間コースか2時間コースのどちらかを選択できますが、1時間コースで充分に疲れやコリはとれます。ゆっくりと時間をかけてタイ古式マッサージをしてくれます。アロマの香りや暗めの照明により、マッサージ中に眠ってしまうこともしょっちゅうあります。また、日本よりも低価格で受けることができるので、1日の疲れをとりたいとき、リラックスしたいときに気軽に足を運べる点も良いでしょう。大抵のマッサージ店は夜遅くまで営業していることが多いです。

トップに戻る