東南アジアの大陸部はインドシナ半島とも呼ばれます。

二人でタイ古式マッサージ

具体的な国名で言うと、タイ、ベトナム、ミャンマー、ラオス、カンボアの五か国を指します。これをインドシナと呼ぶことに表れているように、この地域はインドと中国の間にあり、古くから栄えた両大国の大きな影響を受けてきました。例えば、タイの文字はインドの文字の影響を受けて作られたようです。タイで古くから行われているマッサージ、いわゆるタイ古式マッサージもインドからの大きな影響を受けて成立したというのが定説です。この古式マッサージの起源として、タイで語られている伝承があります。それは仏教の創始者であるお釈迦様の主治医であったシバカゴーマラバットにより、このマッサージがタイに持ち込まれたというものです。タイの仏教はいわゆる小乗仏教であり、仏教本来の古い形を残しています。そして、現在でも仏教はタイ国民に非常に尊敬されています。タイの古式マッサージはシバカゴーマラバットの伝承の表れているようにお寺と深い結びつきがあります。因みにこのタイ古式マッサージは二つの流れがあります。それはバンコクスタイルとチェンマイスタイルに分けられます。前者は指圧、後者はストレッチに大きな特色があります。

トップに戻る