ツボ、経路理論と言われるものは中国などで行われてきた療法であり、ツボ刺激で各臓器の機能調整ができます。足裏は全身の末しょう神経の縮図が投影されており、部位を押してみれば体の部位に反射的に反応を示すのを利用して行うのが足裏マッサージの意義です。そしてふくらはぎのマッサージも下半身にたまってる老廃物を血流に乗せ排出を促すのに効果があります。そしてふくらはぎはポンプみたいに動いて足にたまってる老廃物を運ぶ流れよくするから。足裏ほぐすのは体の中を流れる水分の流れよくしたり足裏に集まってる抹消神経刺激して臓器の状況を整えることが目的。私たちの体は約7割水分でこれがよくなれば体内で好感された二酸化炭素や排出物などに交じりうまく体の外へでるようになるのです。また、足先、ふくらはぎをもみほぐしてみれば体内水分の流れよくなり、血行不良が原因の症状ののぼせなどが解消されやすいです。足裏へ刺激を日課にするようになれば身体的に楽になる以外に体内代謝が余光なってこれは栄養、老廃物と二酸化炭素などの物質の交換のこと。代謝がいいと不要なものをためなくて老廃物がたまりづらく案って日々の足のむくみなど解消できたりします。

トップに戻る